Target Discovery

LSKB Chem, LSKB SuiteのTarget Discovery 機能を紹介します。

Target Prediction & Target Confirmation
化合物構造から ターゲットへ
  • アッセイターゲット、薬理作用、Pathway、薬剤情報などを連携した化合物情報を構築

  • 構造から 活性化合物を探索し、その標的タンパク質と活性値をSimilarityによる加重平均でその標的と活性値を予測

  • ターゲット予測で エビデンスとなった活性化合物と活性値情報を確認

  • 構造検索機能(Similarity, Molecular Framework)によりターゲットタンパク質と活性値を予測

  • 複数の構造(SDF)からターゲット予測

  • 予測したいタンパク質リストのみ対してターゲット予測が可能

  • 構造からターゲットを予測、さらに類似配列、構造保存ドメイン、(リガンド結合サイト情報を付した)共通ドメインを持っているターゲットを予測

  • 構造からオフターゲット、副作用、毒性を予測

  • 登録した インハウスの構造 と標的 活性値データを含むアッセイデータを ターゲット予測に利用可能

  • 共通部分構造から活性化合物の標的を探索するTarget Confirmation 機能搭載

  • 共通部分構造が一致する 複合体形成リガンドから 結合タンパク質を探索

Target Exploration
疾患から ターゲットへ
  • クラス別疾患情報(MeSH, ICD10)

  • 希少疾患の探索とターゲット

  • 疾患関連発現での変動遺伝子探索

  • 標的タンパク質、遺伝子、SNP、Pathway情報の統合

  • 標的タンパク質のアッセイ情報からその活性化合物と購入可能化合物情報を取得、検証実験まで最短のワークフロー

Menachism Exploration
実験結果とインシリコ情報から メカニズム解析
  • 構造からターゲットを予測、さらに配列や共通ドメインを持っているターゲットを予測

  • 発現データやRNA Seqから 変動遺伝子のリストを取り込み

  • フェノタイプや毒性関連遺伝子のリスト情報やPathway情報を参照

  • 構造からのターゲット予測と化合物投与による遺伝子変動の発現実験、それらをサポートするデータを加えて化合物による変化メカニズムの解析をサポート

  • Phenotype Assayのメカニズム解析にも

© 2020 by LSKB SERVICES.  Proudly created with World Fusion., Co,LTD