BioMed and Chemical Research Platform

From Bio Research to Drug Discovery,

Information You Need Is in LSKB

Let LSKB Accelerate Your Research

LSKB データベースプラットフォーム

バイオ研究から創薬まで横断的な知識探索・予測機能を体験ください

Database Platform

LSKBのデータベースはカスタマイズできます
​データベースをプラットフォームに独自の探索パイプラインを組むことが可能です。
  • 50以上のデータベースを集め、ID同士を再結合

  • バイオインフォマティックスからケモインフォマティクスまでのデータベースリソースを搭載

  • NGSからの遺伝子探索、化合物からのターゲット探索、ターゲットから化合物の探索など

  • 複雑な探索も単一プラットフォーム上で完結

  • データベースは年3回のアップデート。煩わしいデータベース収集、キュレーションは不要

  • クエリーSQL提供

  • クエリーパイプラインスクリプトの受託開発

  • BIOVIA社 Pipeline Pilotのサポート

 

搭載データベース詳細はお問い合わせください。

LSKB Chem: 無償利用版リニューアル
​使い方は簡単!サイトに入りログイン画面は☓でキャンセル。
4つの機能より、使いたいサイトを選択
  • Chem: 化合物のアノテーション、化合物構造からの探索を行います。

  • BioMed: 疾患、遺伝子、たんぱくのアノテーション、マイクロアレイやvcfファイルにアノテーションを付けます。

  • Taxon: 生物種からのアノテーション、文献、アッセイの検索。微生物研究にそうぞ。

  • Text-Mining: キーワード指定してPubMed検索、そしてLSKBの辞書で解釈します。

主要な検索結果を保存

検索結果にメモや添付ファイルをつけ、自分だけのデータベースを構築しましょう。

BioMed

Chem

Taxon

Text-Mining

 
LSKB Contract Service

LSKBデータベースを利用した受託解析サービスは、インハウスに持つ多彩なデータセット間をご依頼のアルゴリズムで分析するサービスです。

インフォマティクスとデータベースを特徴とすサービスを提供しています。詳しくはお問い合わせください

 

  • オン・オフターゲット探索

  • ドラッグリポジショニング探索

  • マルチオミックスによるタンパク質探索

  • NGS、遺伝子発現データからの有意タンパク質探索

  • テキストマイニングによる有意疾患、化合物の探索

  • その他ご要望に応じた探索

LSKB Integration With Your System

LSKBデータベースと探索パイプラインを自社システムとインテグレーションを行うサービスです。

LSKBを利用することで、大幅に費用対効果が期待できます。

NGSパイプラインへのアノテーションの提供、ターゲット探索パイプラインへの組み込みなど、さまざまなご要望に応じてインテグレーションします。詳しくはお問い合わせください。

  • NGSパイプラインでの癌ドライバ遺伝子の探索やタンパク質構変化による結合リガンドへの影響など、SNV, CNVの影響によって生じる化合物の影響など、一般的には困難とされるパイプラインを容易に組み込むことができます。

  • BIOVIA社、Pipeline Pilotのプロトコルサポートと、同WebサービスからのLSKBデータの参照。

  • その他、ご要望に応じたインテグレーションを実施します。

LSKB Integration With LaboServer System

予測

データ管理システムであるLaboServerとLSKBは特別にインテグレーションされていて、LaboServerで管理しているデータをLSKBから参照、またはLaboServerから遺伝子や疾患、化合物のアノテーションを参照できます。(LSKB Suiteには付属機能です)

✔ アッセイ

  • インハウスのアッセイ情報をLaboServeで管理することで、LSKBのTarget Predictionで内部データを利用することができます。

  • 遺伝子からの検索でその遺伝子をターゲットとしたアッセイデータの参照が可能になります。

✔ 発現データ

  • データ解析後の発現データを登録することで、LSKBの遺伝子検索を行った際に有意な発現変動がその遺伝子に登録されていると、実験が参照可能になります。

  • 発現データに疾患、化合物、組織の情報をタグ付けすることで、疾患などの検索からも実験を参照することができます。

✔ NGS変異データ

  • 解析後のNGS変位データを登録することでLSKBの遺伝子検索を行った際に有意な変異がその遺伝子に登録されていると、実験が参照可能になります。

  • 変異データに疾患、化合物、組織の情報をタグ付けすることで、疾患などの検索からも実験を参照することができます。

✔ 遺伝子やタンパク質リストアノテーションデータ

  • 任意の遺伝子リストやタンパク質リストにアノテーションや実験値を載せたデータを登録できます。LSKBの遺伝子やタンパク質からの検索で、登録アノテーションデータを参照することができます。

  • データに疾患、化合物、組織の情報をタグ付けすることで、疾患などの検索からも実験を参照することができます。

✔ 遺伝子やタンパク質、生物種などのLSKB上のアノテーションを参照できます

  • 登録データに遺伝子ID、タンパク質ID、生物種IDを登録していますと、個々の実験データのIDからLSKBへのアノテーションリンクが自動的に作成されます。

© 2020 by LSKB SERVICES.  Proudly created with World Fusion., Co,LTD