© 2016 by LSKB SERVICES.  Proudly created with World Fusion., Co,LTD

LSKB News Letter

LSKB Version520リリースしました

  • 複数の疾患IDをクエリとして治療ターゲットになる可能性のある遺伝子を優先順位付けしてリスト表示するTarget Explorer 機能を追加しました。

  • Mechanism of Action や 薬剤のクラスを統合した項目と PathwayやGene Ontologyを統合した項目を作成し、Functionとして各項目との関連を示す詳細ページを作成しました。

  • 化合物の薬剤関連情報を追加しました。

  • 臨床試験情報を追加しました。

  • Cell-line情報をTissueに追加しました。

  • 複数(単数)のrsIDをクエリとして有意な関係を持つ疾患をリスト表示する機能を追加しました。

  • トレンドグラフを辞書ノード詳細ページに追加しました。

​リリースノートはこちらからご覧になれます

LSKB Version510リリースしました

疾患からの検索インターフェースが大幅に刷新。ターゲット探索などに利用しやすく。

化合物アノテーションのインターフェース刷新。

遺伝子、化合物、タンパク質の検索結果をブックマーク機能で管理、共有。

生物種からの検索が追加。微生物研究にもLSKBが利用可能に。

eMolecules社の購入可能な化合物を検索対象に。LSKBから直接化合物の購入も可能に。

​詳細はお問い合わせください。

LSKBを使ったがん情報提供サービスを開始

LSKBのテキストマイニング機能を使い、がん関連の文献を読みやすくしました。

日経がんナビからのリンクでサービスしている、15種類のがん、70種類の抗がん剤の最新文献の確認でご利用いただけます。

http://www.w-fusion.co.jp/J/gan_G.html

使い方は簡単。目的のがんや抗がん剤の最新(1週間)、過去1ヶ月等のリストに記載している数字(文献数)をクリックすると、その文献をPubMedから取得して表示。さらに、”Highlight View”でテキストマイニングが開始されます。

LSKB無償版、個人契約版の機能を刷新しました。従来のChem(化合物構造からの探索)とBioMed(疾患や遺伝子、タンパク質からの探索とマイクロアレイやVCFファイルへのアノテーション)に加え、微生物の生物種から関連文献やアッセイ及び関連化合物の情報探索ができる仕組みと、LSKB Test Mining機能を追加しました。このLSKB Text MiningはPubMedに対してキーワード検索を行うと、検索結果をLSKB辞書が解釈支援を行う機能が利用できます。

Please reload