top of page

Similar Protein Pairs by Disease Classification

同一疾患に対する標的タンパク質を比較し、タンパク質の類似性とタンパク質クラスをまとめた情報を参照できます。

【着目ポイント】
・疾患クラス別に、疾患への治療薬と開発中の薬剤の標的タンパク質に着目しています。
・疾患クラスから、標的タンパク質とその類似タンパク質での実用例を確認することができ、 drug repurposingへの示唆を与えます。
dummy.png

【出力テーブルの概要】
・疾患クラス別に、疾患への治療薬と開発中の薬剤の標的タンパク質に着目し、同一疾患に対する標的タンパク質を比較し、タンパク質の類似性とタンパク質クラスで取り纏めたテーブルを参照できます。
・それぞれのクラスペアタンパク質の、疾患、化合物とPhase1から4までの薬剤の数の一覧の分析結果を参照できます。
類似タンパクのエビデンスとして、ポケット類似(Known binding site)の数と配列類似(DELTA Blast)かどうかを記載しています。
・クラスペア、クラスを構成するそれぞれのタンパク質、DELTA BLASTでのフィルタが容易です。

ーーー これらの情報を収集しています。フィルター機能を利用して絞り込みを実施してください ーーー
・Class Pair:ペアタンパク質のクラス分類
・# of Disease:疾患数
・# of Active Compound: 活性化合物数
・UniProt EntryName (1): ペア1のUniProt Entry Name
・Protein Class (1): ペア1のタンパク質クラス分類
・# of P-4 Drug (1): ペア1のPhase4の薬剤数
・# of P-3 Drug (1): ペア1のPhase3の薬剤数
・# of P-2 Drug (1): ペア1のPhase2の薬剤数
・# of P-1 Drug (1): ペア1のPhase1の薬剤数
・UniProt EntryName (2): ペア2のUniProt Entry Name
・Protein Class (2): ペア2のタンパク質クラス分類
・# of P-4 Drug (2): ペア2のPhase4の薬剤数
・# of P-3 Drug (2): ペア2のPhase3の薬剤数
・# of P-2 Drug (2): ペア2のPhase2の薬剤数
・# of P-1 Drug (2): ペア2のPhase1の薬剤数
・Known binding sites: Possumでのポケット類似数
・DELTA-BLAST: DELTA-BLASTで類似があったか(YES/NO)

bottom of page